リポジトリの作成

リポジトリ

Git で管理するファイルの集合(プロジェクト)をリポジトリと言います。

なので、Git でバージョン管理をするには、まず最初にリポジトリを作る必要があります。

リポジトリの作成

リポジトリを作成する前に、WindowsではコマンドプロンプトまたはPowerShell、LinuxやmacOSではターミナルまたは端末を起動してください。

起動の方法は、Gitのインストールの時と同じようにして起動させます。

ただ、Windowsの場合は、「管理者として実行」をする必要はありません。

起動が終わったら、リポジトリを作成したい場所、つまりGitでバージョン管理したいファイルが置かれている、または置く予定の場所まで移動します。

移動の方法は、Gitの説明の範囲を超えるので、各自調べてください。

移動したら、下記のコマンドを実行してください。

git init .

最後の、ピリオド「.」を忘れないでください。

git initコマンドで、リポジトリを作成します。

これで、現在いるディレクトリの場所をGitのリポジトリとして使うことができるようになります。

ピリオドは、現在いるディレクトリをGitのリポジトリとして使うということを表しているので、git init appのようにした場合は、appディレクトリをリポジトリとして設定します。

何をしたか

Gitはバージョン管理のために、ファイルの変更の差分を保存しています。

その差分は、.gitという名前のディレクトリに保存されています。

なので、git initというコマンドでは、.gitディレクトリに、Gitのリポジトリに必要なファイルを作成しています。

まとめ

新たに、Gitでバージョン管理をし始めるには、この作業が必須です。

次は、Gitを使ってファイルのバージョン管理を開始していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました