Git LFSのインストール

Git LFSのインストール

Git LFSは、通常のGitには含まれていません。これは、拡張機能という形でGit LFSが提供されているためです。

そのため、Git LFSを使う際には、Git LFSのインストールを行う必要があります。

Git LFSのインストールは使用するOSによって異なります。

Windows

Windowsの場合は、Git for Windowsによるインストールをしていると、デフォルトでインストールされています。

もし、古いバージョンをインストールしている場合はGit LFSがインストールされていない可能性があるため、最新のGit for Windowsをインストールする必要があります。

次のコマンドでインストールされているかを確認できるので、インストールされていない場合は、最新版をインストールしましょう。

$ git lfs

コマンドを実行した際に、次のように表示される場合は、インストールされていません。

git: 'lfs' is not a git command. See 'git --help'.

macOS

macOSでは、次のコマンドを実行することでインストールできます。

brew install git-lfs

インストールできているのかは次のコマンドで確認できます。

$ git lfs

Linux

Linuxで、ここではUbuntu 20.04とCentOS 7におけるインストール方法を紹介します。

Ubuntuの場合は次のようにしてインストールします。

$ sudo apt install git-lfs

CentOSの場合は次のようにしてインストールします。

$ sudo yum install epel-release
$ sudo yum install git
$ curl -s https://packagecloud.io/install/repositories/github/git-lfs/script.rpm.sh | sudo bash
$ sudo yum install git-lfs

CentOSの場合は、デフォルトでインストールされるGitのバージョンが古いため、epel-releaseを使用して新しいものをインストールできるようにして、Gitをインストールします。そのあとにgit-lfs用のyumリポジトリを追加して、git-lfsをインストールしています。

インストールできているのかは次のコマンドで確認できます。

$ git lfs

まとめ

これで、Git LFSを使う準備が整いました。

次回は、Git LFSの使い方について説明していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました